若女将の加太便り

誕生15周年記念 ひいなの湯リニューアルOPEN!

3月です

あっという間に3月になってしまいました。

食事処の庭。

満開の紅梅白梅が

ひと月近くもお客さまの目を楽しませてくれていて

皆さまにも見ていただきたく

早くブログをアップしなきゃ!

と思っていたのに💦

書きたいことや伝えたいことは山ほど。

こんなことやあんなこと。

事実は小説よりも奇なり!なんです。

宿の日常はホントにハプニング特集の番組のよう。

しんどいけれど楽しい😊

3月3日は淡嶋神社にて

雛流しの神社が執り行われました。

心配されたお天気も神様のパワーで持ち堪え

たくさんの方々にお越しいただきました。

当館でもレディスデーで

夜に二胡の音色を楽しんでいただく演奏会を開催。

二胡の田中先生とピアノの須藤先生と

二胡とピアノの素敵なハーモニー♡

お客様もうっとり♡

ワタシもバタバタの中のしっとりとしたひと時に思いのほか癒されました。

いいなぁ二胡の音色😍

春がもうすぐ。

新しいことを何か始めたくなりますね!

取り敢えずははじめの一歩!

今月も元気に頑張ります❤️


休館のお知らせ

2月13日(水)終日と14日(木)のお昼のランチ営業はお休みさせていただきます。温泉利用は11時より通常営業しております。

尚、14日(木)の宿泊は承っております。

よろしくお願い致します。

2月2度め

やっとこさ2度目の投稿💦

連休は満員御礼でようやく最終日。

当館の特徴としてチェックインがめちゃくちゃ早いのです!

チェックイン時間の15時前から続々と到着され

1時間後には約9割のお客さまが😅

というのは京阪神からのお客さまが圧倒的に多く

大阪からなら90分あれば来ることができるこの地の利。

なので悪天候や交通渋滞などがあっても

予定時間をかなり過ぎてのチェックインと言うのがほぼない。

これが白浜や勝浦などだったら大変なのです。

近いというのはありがたいことです。

さてさて。

昨晩は数年ぶりに妹家族が遊びに来てくれました😊

こんなお商売をしていると両親と兄弟たちも

姉の家にちょっと遊びに行く・・・

という気軽な気分ではなかなか来れないので

遠慮させてしまっているのが申し訳なく思います。


妹と姪っ子と🌸

リニューアルして随分と変わった館を見て

とても喜んでくれました💕

嫁に来た頃はロビーにはゲーム機が並び

10円入れたらガシガシ動く按摩器やテレビが鎮座していたのが懐かしい。

「改革」と言えば格好はいいけど

実際はそんなもんじゃなく「手探りでの葛藤の毎日」だった。

それを思うとホントあっという間だったなぁ・・・。

ハイ!メディアの告知です!

2月25日(月)「おはよう朝日です」にて当館を取り上げていただいております。

調理長の赤間が出演しております👍

7時30分前後かと思われますので

お時間ある方はぜひご覧になってください🙌

クエ料理と温泉♨️です❣️

それと

雑誌の「じゃらんベビー」にも載せていただいてます!

忙しく感謝の日々です😊

寒さ厳しいですが皆さまもくれぐれもご自愛くださいませ🌸



幸せ時間

日帰りで京都へ行ってきました。

30年来の友とランチに向かったのは

前職で一緒の寮で共に暮らした後輩に逢うため。

京都吉兆で長年修業されたご主人が

満を持してオープンされたこちら

綾小路 唐津さん http://karatu.jp/

すでにミシュラン獲得されています。

素材の良さはもとより

すべてにとても丁寧な仕事が施されたこだわりの数々。

昼間からもーーー幸せ過ぎました。

記憶を手繰り寄せながらの昔話もとても楽しくて

何十年かぶりにあった気がしなかった。

これまで年賀状だけのやり取りで

元気な様子に頬を緩めながら

私も忙しいながらも頑張れてきた。

年賀状という年に一度のご挨拶だけど

そんな繋ぐ糸が無かったなら

こんな日が来る事はなかったかもしれない。

改めて年賀状、大切やな。

だって

人との出会いを大切にしてきた彼女だからこそが作り出しているのが

紛れもなく今なのだ。

誠実なご主人と

優しく大らかでほっこりできる素敵な彼女と。

休日に二人で

撮りためたテレビドラマ3本見ながら

下処理したという山椒の実。

そんなお話も目に見えるようでほっこり。

その山椒を丁寧に炊いたちりめん山椒をいただき(これも絶品!)

ご夫婦の作り出す空間にふわふわ酔いました。

なんとも言えないいい時間を持てたことに感謝しつつ

余韻に浸りながら電車に揺られて帰りました。



妻のトリセツ

「めっちゃ面白い本がある」

とニヤニヤしながら主人が一冊の本を持ってきた。

コレ↓

 

 

いまメディアでも取り上げられ

すごく売れている旬な本です。

なるほどこれが結構面白くて

みんなが真面目に仕事している事務所で

(さも仕事をしているかのように)

肩を小刻みに震わせながら笑いを堪えつつ読んでいたら

運悪く調理長に見つかる(ー ー;)

「なに笑ってるんですか!気持ち悪い!」

こういうときって一番見られたくない人に見つかるんだよな〜。

 

 

しかしこの本。

脳科学者の黒川伊保子さんの文章が巧妙かつ簡潔で小気味よくて

女性らしくないのがなんだかいいのです。

願わくばもう少し昔にこの本に出会いたかった。笑

 

内容はタイトルそのまんまです。

女性脳がとても分かりやすく解説されています。

目の前の物を舐めるように見て

ちょっとの変化も見逃さない能力で

物言わぬ赤ん坊の健康状態がわかるし

子どもや夫の病気も察知するし

ウソも見破る

妻は夫に問題解決を求めていない

妻は夫に共感してもらいたいだけ

そんな女性脳。笑

心当たりがありすぎる!笑笑

 

この本に共感できるかはさておき

世の中に男と女しかいないという事実を踏まえると

読んでおく

知っておく

更にはせっかくなので「女性全体のトリセツ」として生かす。

男性にとって損はないのかな?と思います。

特に

私はある意味女性らしさが商品である仕事をしている訳で

経営上「女性脳」が大切なこともあるのに

理解されないという理不尽な立場なので

ちょっと気持ちが沈んだ部分もあり。

でもこの本が面白いと持ってきた主人は

ほんとーに能天気で

呆れる&笑える( ̄▽ ̄)

ぜひ実践してほしいぞよ!ガンバレ〜。

と強く願うのであります。笑

また機会があれば皆さま読んでみてくださいね(^_-)-☆

 

昨日は次男坊の誕生日でしたぁ。

 

ハッピーバースデー♡

18歳いえーい♫

キミにも早い段階でこの本を読んでもらおう。笑